オモイノタケ

アクセスカウンタ

zoom RSS PS3 『龍が如く OF THE END』 クリア後感想

<<   作成日時 : 2011/07/05 09:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ストーリーのネタバレはありません。

PS3が故障したので新しい本体を購入したのですが、USB端子の数が少ないのは結構不便ですね。セルフパワー方式のUSBハブでも買ってみようかな。

さてさて、「ゾンビが如く」こと、「龍が如く OF THE END」。クリアしました。今回はとにかくストーリーが気になったので、プレイ難易度はEasyです。本来ならサブストーリーなどもオールクリアしてから書きたいところなのですが…。


個人的な問題ですが、少し以前に「KILLZONE 3」をずっとプレイしていたため、操作感覚、特にエイムが非常にやり辛かったです。右スティックで照準を移動させるのですが、スティックを少し倒すと凄い速さで照準が移動し、スティックを傾ける程度にすると照準の移動が遅すぎるという感じでした。まぁあまりエイム自体する必要もなく、大きな問題ではありませんでしたけどね。ヘッドショットにしてもスキルで「近距離で銃を構えると自動的に頭に照準が向く」というものがありますので、敵が大量に襲って来てもR2(銃を構える)と□(発射)を交互に連打するだけで軽快なヘッドショット音とともにガッスガスなぎ倒してくれて、なかなか爽快です。

恒例のヒートアクションですが、これはもう少しバリエーションが欲しかったかな。同じようなものが多く、ちょっと残念でした。

弾数制限に関しては、マシンガン系の武器の弾はもう少し持てる数を増やして欲しいところです。郷田(マシンガン標準装備)で弾切れを起こしてハンドガンでぺちぺち撃つのは悲しいものがありますから。

戦闘難易度に関しては、Easyだと本当に楽勝です。こういった系統のゲームがあまり得意でない方でも十分にクリアまでプレイ出来そうですね。ただ、最難関モードである「OF THE END」では油断すると結構すぐに死にます。とんでもない数のゾンビが走って追いかけて来る光景は一見の価値ありですが。

ネタバレなしで書きますが、ストーリーに関してはゾンビが出て来ようがいつもの「龍が如く」でした。今回は私がサブストーリーなどをすっ飛ばした事もあり、かなり早い時間でのクリアとなりましたが、逆に忙しい社会人にはこれぐらいの方が気楽に楽しめるかと思います。爽快感もありますしね。

しかし、今作をプレイして「龍が如くって本当に何でもありだなー」と感じました。「そんなアホな!」的な展開があっても「龍が如く」だと何故か許せてしまうという感じです。理由としては、やはり「キャラクターに魅力がある」事と「ゲームとして面白い」からでしょうか。今後のシリーズ展開がどうなるのか気になりますが、また道頓堀(蒼天堀)を舞台に作って貰えると嬉しいですね。


龍が如く OF THE END (がんばろう、日本!パッケージ)
セガ
2011-06-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 龍が如く OF THE END (がんばろう、日本!パッケージ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PS3 『龍が如く OF THE END』 クリア後感想 オモイノタケ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる